ノウハウ事例紹介 /

積み木で遊ぶ子供

整理収納の定石として、多くの先生方、アドバイザーさんが口をそろえていおっしゃっていることに、リライフ&リボーン(やまじゅん)独自のノウハウを加えてご紹介します。

少しずつ情報を充実させていきます。

​待ちきれない方には、ゆる片づけか整理ingを通してお伝えします。

お片づけ3つのポイント

 

​取り組み方

(1) 着手
(2) 視点
(3) 定位置

部分→全体

最初は、負担に感じない小さい範囲から始めます。

モノ→空間

まずは、物を片づけます。だんだんすっきりしてきたら、部屋全体、家全体の空間の構造に目を向けていきましょう。

しまい方✖しまう場所

​モノを出し入れするときの「人間の動き」と「モノの収まりの良さ」の掛け算で定位置を決めます。人間の動きは、いわゆる動線だけではなく、体の動かし方をイメージして、楽に出し入れできる場所を考えましょう。

 

ステージ

(1) 減らす
(2) 整える
(3) 創る

最初のステージは、片づけに割ける時間やエネルギー(体力、気力)、収納スペースに対して、適正な量に物を減らす段階。物に合わせて、時間やエネルギー、空間を増やすことは、快適な暮らしを目指すのであれば、多くの場合、現実的ではありません。

​次のステージは、仕組みを整える段階。ある程度モノを減らした後であれば、減らすステージとの同時進行も可能です。

合理的に考えていきましょう。考える中で、自分の中にある妙なこだわりや偏った見方に気づくかもしれません。整えるステージをクリアできれば、もうリバウンドはしないでしょう。

自分らしいこだわりのあるライフスタイルを創るステージです。

​「整える」ステージをクリアできれば、感性や美意識といった自分なりのこだわりを貫いても、美しい収納、美しい空間を創り、維持できるでしょう。

 

1回ごとの作業手順

(1) 出す
(2) 分ける
(3) しまう

とにかく全部出す!

「見るのが怖い」とか「量が多すぎて収集がつかなくなるといけない」とか考えずに、とにかく埃やちりも含めて全部出します。

似たもの同士を集めます。仲間外れはつくらないようにします。

もし、​いらないものがあったら、除けます。

【分ける時のヒント】

用途、使う場所、使う時期・タイミング(状況)・頻度、サイズ、重さ、質感

​ちなみに、思い出の品には、心の支えや癒しになるという用途があります。

「減らす」ステージの時は、元の場所にしまいます。

「整える」ステージなら、適切な置き場所を考えて定位置を決め直します。

「創る」ステージであれば、置く場所にもこだわって、心が喜び、美しいと思える場所を探します。